2008年5月 3日 (土)

ZD25mmF2.8と御影だんじり

昨年買ったデジタル一眼E-410用に注文していた薄型単焦点レンズが届きました。ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8です。
20080502e410zd25f28
発表日(3/6)に申し込んだにもかかわらず発売日(4/17)から2週間経った昨日の到着。かなり注文が入ってるようです。先週は5月末の到着予定とかいうメールが来てたし。

このレンズ、フィルタ径が43mmとすごく小さかったりキャップがねじ込み式だったり、変わったレンズですが(しかしとにかく薄い、軽い)、なにはともあれ今日は保護フィルターとキャップを買って、なんとなく最近できた御影駅前のClasseにでも行くかと思って阪神御影駅で降りたところ、お祭りやってました。
そんなわけで、お祭り好きののもととしてはさっそく届いたばかりのレンズを使って写真を撮ってみたのでした。元サイズ(5M)のファイルはリンク先にあります。

まずは御影駅前の写真。
2008p5030236s

あとは運行されていただんじりの写真。
2008p5030226s 2008p5030228s 2008p5030246s 2008p5030251s

だんじり11基というのはなかなか壮観です。
2008p5030277s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

E-410その後

そうそう。
動かなくなってサービスセンター送ったE-410ですが、結局送った翌週の火曜日には新品に交換されて無事帰ってきています。
木曜(5/10)朝に送って火曜(5/15)に交換品を受け取ったので、営業日的には2日で対応されました。

結局、初期不良として交換されたので原因は謎のままですが、速やかな対応だったと言えるのではないでしょうか。故障機が今後の品質向上の役に立てればと思います。

以下は交換された新E-410での2コマ、水銀灯の緑。

20070521p5210119s20070521p5210116s

E-410, Y/C Distagon T* 35mm F2.8, ISO1600, 手持ち

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

動かない・・・

なんか突然、E-410が動かなくなった。
電源スイッチを回しても電源が入らない…。
1日電池を抜いて放置してみようがレンズを外してみようが返事がない。
電池は満充電だし数日前までは動いていたのに…。
どうにもならないからオリンパスに電話してみたら、八王子に送ってほしいとのこと。
仕方ないから今朝送付した。本体・レンズ・充電器・充電器ケーブルと保証書を着払いで。
ちゃんと使えるようになって戻ってくるのはいつだろう…。

20070510p4290059s

20070510p4290059s

20070510p4290059s

20070510p4290059s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

車の傍のねこ

20070427cat

ねこと仲良しになるにはどうしたらいいの?
すぐに逃げられてしまうので車の陰からねらってみた。

F4.0でも150mmまでズームするととっても手振れしやすいよ。
Olympus E-410, ZD ED40-150mm F4-5.6, EV:+0.3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

今日のねこ@六甲台

20070426cat

身近で追っかけやすい被写体として、六甲台で毎日ごろごろしてるねこ達を追っかけてみることにする。

2007/04/26, Olympus E-410, ZD40-150F4.0-5.6, EV+1, ちょっと前ピン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

E-410とTessar 45mm F2.8他

のもとはヤシカ-コンタックスマウントのレンズをいくつか持っています。
折角ですからE-410に取り付けてみましょう。

20070424e410yclenss…というわけで、早速マウントアダプターを用意して、手持ちの3個のレンズを取り付けてみたのがこの写真。

どれも小さいです。惚れ惚れするくらい小さいです。Tessarをつけると予想通り大き目のコンパクトカメラサイズ。ML50mmF1.9c(Yashica FX-3 Super2000付属)なんて、デザインまであつらえたようにE410にぴったり。オリンパスのレンズもこれくらい小さかったらいいのになぁ…って思ってしまいます。

ただまぁ問題は焦点距離。35mm用レンズの35,45,50mmですから、フォーサーズだと換算70,90,100mmの画角。なんか全部中望遠になってしまいました。まぁどれもキットレンズより明るいですし、のもとは人物写真好きなので結構重宝しそうな気もしますが。

で、本来はカメラの写真よりも取り付けたレンズで撮った写真を載せるべきなんでしょうが、今夜はあいにくの雨でしたし、またそのうちということで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

E-410とFinepixF11:高感度比較

現在、のもとがいつもカバンに放り込んでいるデジタルカメラはFinePix F11。大きさもそれなりに小さいし高感度でもそれなりに使えるし、なかなか重宝しています(買ってから5000枚くらい撮ったかしらん)。…とはいえ、F11のCCDサイズは1/1.7型。フォーサーズの4/3型に比べると面積にして5倍くらい違います。さらにE-410にはノイズリダクション機能なるものがついているようです(取説には2倍時間がかかるって書いてあったから、要はダークフレーム測定してるんだろうな。)。そこで、とりあえずF11とE-410で夜景を撮影して比較してみることにしました。

まずFinePixF11で夜景モードのF2.8、1秒露出で撮影した後、E-410でも明るさが大体同じになるように、F4.0、2秒露出で撮影しました。(ZD14-42mmF3.5-5.6が開放でF3.9@18mmだったから。)
なお、神戸大学から芦屋・大阪方向を写しています。

20070421dscf9092s
FinePix F11, ISO1600, F2.8, 1sec, f=8mm(36mm@135film), 6MF mode

20070421p4210039s
E-410, ISO1600, F4.0, 2sec, f=18mm(36mm@135film), HQ mode, ノイズリダクション有, ノイズフィルタ標準

20070421dscf9094s
FinePix F11, ISO800, F2.8, 1sec, f=8mm(36mm@135film), 6MF mode

20070421p4210040s
E-410, ISO800, F4.0, 2sec, f=18mm(36mm@135film), HQ mode, ノイズリダクション有, ノイズフィルタ標準

結果としては、当然ながらE-410のほうがノイズも少なく細かいところまで綺麗に写っていますね。デジタル一眼レフだけのことはあります。F11も昔のISO1600フィルムよりは綺麗だろう…ってくらいには綺麗だとは思うのですが、E-410と比べるとさすがに違いますねー。
あと、色も違いますが、E-410のほうが現実を反映しています。F11の色も綺麗で好きですが。

それにしても。F3.5-5.6って、小さいのはいいけどやっぱり明るくはないかなぁ。SUMMILUX 25mm F1.4とかあると手持ちで暗い室内撮影もやりやすいんだろうなぁ…。フォーサーズだから被写界深度も135フィルムより深くなるはずだし…。

しばらく使ってから考えてみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパス E-410

結局、買いました。本日発売のオリンパス E-410

20070421e410plus

上の写真のとおり、EF50mmF1.4付のEOS55(右端)よりは断然小さいし、一眼レフ最小の組み合わせの1つであろうTessar 45mmF2.8付のYashica FX-3 Super2000(左端)と比べても横幅だけなら小さいです。なお上のE-410はレンズキットのZD14-42mmF3.5-5.6付。ズームレンズとしてはとても小さいのでしょうが、さすがにTessar 45mmF2.8と比べると大きく長い印象は否めません。

薄くて小さな広角もしくは標準レンズが欲しいところです。

20070421p4210004s 20070421p4210007 20040421p4210008

とりあえず、購入直後に中ノ島でちょこちょこ撮ってみた写真はこんな感じ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年4月15日 (日)

新大阪駅とオリンパスE-410

20070415shinosaka 新大阪駅って、はじめて外に出たのだけれど、なんかまるで空港のターミナルみたいな雰囲気ね。駅の前がだだっ広くて2階にタクシー乗り場があってタクシーが行列になって待っていて。まぁ新幹線の新駅ってどこもそんなものかもしれないですが。

閑話休題。
のもとはこれまで、現在持っている大きくて重いフィルム一眼レフの使用状況から考えて、デジタル一眼レフを買っても大きくて重いだけで使わないかな…って思って特に欲しいと思わなかったのですが、どうも今回、オリンパスのE-410に惹かれています。

魅力は小さくて軽いこと。MFフィルム一眼のOMとかFM2 くらいのサイズ(いまどきの一眼レフからしたらまぁ小さいよね)だから、カバンに入れておいても重くて邪魔になるかならないかぎりぎりのサイズ。これでもっと薄いレンズがあったら即買いかも…という感じ。

そんなわけで、今日はふと思い立って、新大阪で展示されていたオリンパスのE-410を触りに行ってみました。感想としては、

  • やっぱり小さくて軽い。隣に置いてあったE-510と比べてもやっぱり軽い。
  • 案外結構細かいところまで便利そう。
    • ライブビューがついてる
    • ライブビューで7倍とか10倍拡大ピント合わせが可能なのでピンボケが減りそう。
    • 絞込みして被写界深度確認がライブビューで確認できるのですが、ファインダーと違って暗くならないので見やすい。
    • ヒストグラム表示は便利そう。(ヒストグラム見てると、超ハイコントラスト時用に2段階露出した後合成できるような機能があるといいなぁーって思えてくるね。)
  • ファインダーはやっぱり小さい。ライブビューなら何も考える必要ないけど。
  • セットのレンズは確かに小さくて軽いのだけれど、カバンに放り込むためにはやっぱり半分くらいの厚さの広角~標準レンズがほしい。

そんなところでしょうか。
で、会場の実機でマクロ撮影とかかなり遊ばしてもらってから、そこでやってた写真家さんのトークショーも聞いてみました。写真家さんの写真はやっぱり綺麗で、トークショーも面白く聞けたのと同時に、トークショーと言う形態から某所の科学ライブショーに足りないものについても、なんか漠然と、考えるべきものがあるような気がしたのでした。

そうそう。会場にはモデルさんの撮影コーナーがあってE-410で撮らしてくれるようになっていて、モデルさんはカメラに向かってスマイルスマイル。
撮影会のモデルさんって大変なのね…って、思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)