« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月22日 (木)

レッド・クリフ

先月末、ミント神戸他の映画の無料券をもらったのだけれど、今見たい映画があるわけでもないし、どうしようかなぁ…と思いながらはや1ヶ月。有効期限が明日になってしまったので、なんとなくレッドクリフに行ってみた。
レーザー1週間連続運転して実験していたのもやっと終わったし*1

ともあれ、全然期待せずに行ったら、予想外に良かった。以下ネタバレ有り。
のもとが最後に三国志読んだのって15年くらい前。それも陳舜臣の秘本三国志の方だったと思うので、普通の三国志(訳書じゃなくてたぶん吉川英治の方)読んだのはもっと前のはずだけれども、流石に有名どころは覚えてるね。登場人物には見覚えがある人が多く、しかもテロップでいちいち誰か書いてくれているので分かりやすい。大抵の日本人はストーリーは知ってるわけだから、あのテロップは正解だね*2
しかーし。登場人物が多いこともあって最初は消化試合みたいで退屈。
が、後半は結構凄い。何が凄いって八卦の陣。
後からパンフを見てみると三国志演義では生門・景門・開門から攻めると吉、傷門・驚門・休門から攻めると傷つき、杜門・絶門から攻め込むと滅亡すると設定してあるらしく、そういえば確かに、昔々三国志を読んだときに、この陣って一体どんな陣なんだ…と思ったような気がする。
が、なにはともあれ、とにかくこの映像化の説得力は凄いと思った。
あとは…そういえば孫権の妹がかわいいなと思って後でキャストチェックしてみたらヴィッキー・チャオ(趙薇)じゃないですか。少林サッカーの人ね。
そして続き(特に孫尚香のその後)が気になる…と思ってWikipedia見ちゃった。うーん見るんじゃなかったかも…。

ともあれ、後半は赤壁の戦い本番。これは見に行かざるを得なくなったな。

  1. Ti:Sapphireレーザー+NOPAが一週間ほとんど無調整で安定して動いてくれていることに感謝。しかしそれでもレーザー終夜運転して実験するとやっぱり精神的にとても疲れる…。
  2. しかし字幕が何故か戸田奈津子(w。中国語映画なのに…。翻訳と字幕が別の人で、字幕が戸田奈津子という…。なんか金の遣いどころ間違ってるような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

未来館ドームシアターガイア

そういえば先週東京に行ったとき、未来館で立体視ドームシアターがオープンしたと聞いたのでちょっと行ってみたのでした。
オープンしたばかりだから早く行かないと見えないかもよ…と言われたので開館時間の朝10時に未来館へ。
20090111miraikan1 20090111miraikan2 なんだなんだ、この大行列は。さすが山手線にポスター貼ってるだけのことはあるな…と思う。まぁ初日2日目に人が来なかったら終わってるわけだが…。ともあれ、来てしまったものは仕方ないと並ぶ。入館するのに20分、ドームシアターの予約券を発行するのにさらに30分ほど。予約券発行時には既に午前3回分の予約は満席。

まぁそんなわけで、一旦買い物に出かけた後午後3時に再び未来館に帰ってきてドームシアターを見たわけです。15時10分くらいにドームに行ったら入り口前にまた人が
並んでいて、並びに並んだ末に入り口で立体視眼鏡を受け取って無事シアターへ。さすが資金力のあるJSTというべきか、infitec立体視眼鏡は視野角の広い高価なやつを使ってます。

ともあれ、1回目の上演では正体不明のトラブルで途中で中止になったから止まったらごめんなさいね、と言われた後上演開始、「バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~」。太陽系から始まって天の川銀河、宇宙の果てまで(だったと思う)。一番最後に「これが今日の星空です」と、メガスターの星が少し投影されて無事終了。この回はサイエンスコミュニケータの生解説ということで、最初に前方に出てきたおねえさんが20分1度も詰まることなく滑らかに完ぺきなナレーションを続けられたのが最大の驚きかも。

で、番組の作り方として見ると、3D立体視映像としての見栄えはあまり優先されていないかなぁ…というのが見終わってまず思ったこと。ドーム3D立体視としてのもとはシンラドームの「コズミック・ディスカバリーズ」と「セントラルドグマ」も見ているわけですが、コズミック・ディスカバリーズが良くも悪くも、とにかく見栄えがするカットを見せることを最優先にした作りになっているのに比べると、バースデイはすごく淡々としていて、ドーム立体視は凄い!と思わせるインパクトがある作りにはなっていないかなぁ…と思ったのでした。

せっかくの立体視ドームシアター。他のエンターテインメントと比べてもインパクトのある番組をみんな作って下さいよ。

そのあと未来館の展示を見てから帰ったのだけれど、常設展示で日本電子のSEMが髪の毛をずっと写し続け、AFMがDVDの記録ピットを写し続けていました。
20090111miraikan3
あのSEMとAFM、予約すると使いたい人が見たいサンプルを見えるようなシステムにすると面白いと思うんだけど。1日中同じ画面が表示されてるよりは誰かが操作して観察しようとしてるのを見せた方がずっと面白いのになぁ…と思ったので、なんか勿体ないなぁ…とちょっと思ってしまった日曜のひとときでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HDD交換:懲りずにSeagate

500GBプラッタのHDDが発売されたということで、なんとなく大学用PCのHDDを更新してみました。
昨年SeagateのHDDでフォーマットできないトラブルがあったので神戸から遠く離れた東京で買うのは少し怖かったのですが、懲りずにSeagateのST3500410ASを購入。
今回はフォーマットできないトラブルもなく、無事動作しました。
そこでAcronis TrueImageで前のドライブのデータを新ドライブに移行して、システムディスクを変更だ。と思ったところ、何故か起動せず。
WindowsXPを上書きインストールとかも試してしまいましたが、それでも動かず。結局のところは、ASUS M2N-EのBIOSのSATAの設定のところでAccess ModeをAutoからLargeに変えないと動かなかったのでした。
ともあれ、とりあえずベンチ取ってみたけど、新ドライブは流石に速いね。
Hdtune_benchmark_st3500410as
一番速い場所はPCIとかUDMA133の転送最大転送速度並。
旧HDD(Seagate ST3200822A, 100GBプラッタ)が
Hdtune_benchmark_st3200822a
だったので、一番遅い場所でもST3200822Aより速いのね。

[1/17 23:45追記]
…と、これを書いた後、SeagateのBarracuda 7200.11他のファームウェアにバグがあるというニュースに気づきました…つか今日の発表!?。昨年春にトラブって交換したST3320613ASはもちろん、今のところは自宅で問題なく運用中のST3500320ASもリスト入っているようです。しかしうちのST3500320AS×3台、システムの1台はともかくあと2台はRAIDミラー組んでるからファームのアップデートがとても大変なんだけど、どうしてくれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

HAPPY NEW YEAR 2009

20090101bweb

高知から神戸に戻ってきました。
今年は良い年になりますように。

そうそう。元旦にイオンに行って5000円で福引き引いたら電子レンジが当たりました。

20090101aeon

しかし電子レンジ、神戸は去年買ったばかりだし実家は必要なさそうだし…。
で、ためしにOFF HOUSEに行って聞いてみたら新品買い取り価格2000円だと。イオンの売値は1万円ということは売値もそんなもんだろうから、中古買取店の粗利益率って8割近いのね。

ともあれ、当たったのは嬉しいし、福引きの整理券番号は700番のキリ番だったし、おみくじ末吉だったからこれからいくらでも上がるわけだし、、。
良いことありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »