« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月25日 (火)

5年ぶりの駒場祭

20081123komaba この週末はうまいこと東京にいたので、ひさしぶりに駒場祭にも行ってみました。
5年ぶりの駒場は驚きの連続。
学館が閉館していたり生協&生協食堂が移転していたり、5号館が改装されて新しくなっていたりそのほか新しい建物がいっぱいできていたり…。
新しい生協購買部付近なんて、ここは一体何処の私大?な気分。
20081123komaba2

20081123komafes2tai  しかしそんな中でも、第2体育館周辺はまだ昔とあまり変わっていません。 入り口も一緒。でも、ドームは12メートルと1回り大きくなってフランジも高くなって、以前と比べてずいぶんと余裕がありそうです。レンズ式投影機もいつのまにか、来年くらいには10周年になんじゃないかしら。…ってそうか、今年はエアドーム15年目くらい?…と考えてみて、数のオーダーが10になっているのに愕然。

いつのまにか過ぎ去ってしまった時間を、どうしてもっと有意義に過ごせなかったのか。駒場を歩いてみて改めて哀しく感じられた週末なのでした…。

そしていつのまにやら今日は11月25日か。
それにしても、駒場ってなんか独特の雰囲気があるよねえ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

シンラドームとユニバース

この週末はユニバースのゲストでした。
 のもとは8月のオープン直前以来東京に行っていなかったので、完成した投影番組やライブショーを見たのは今回がはじめて。8月には影も形もなかった入り口のプロジェクター投影やシンラドーム&ライブショーのオープニングなど、3ヶ月のうちに綺麗にできあがったものだと感心。
 通常番組も見ましたが、スタッフロールが見たことある名前だらけなのににやり。コズミック・ディスカバリーズはやっぱりUniviewの映像綺麗ね。ナレーションが比較的少なく、とにかく映像に情報を詰め込んで魅せる雰囲気は「勉強」っぽくなっていなくて良い感じ。いやまぁ、Univiewの格好良いシーンをとにかくつないで映像作ったんだろうなぁ…とは見ながら思ったんだけどさ。
 セントラルドグマは3Dモデルが点と線じゃないから立体感あるね。分子マシンがメカメカしくて格好良くて良いんだけど、これ、各分子マシンのデザインをどこまでちゃんと作ったかとか解説展示をつけると一石二鳥で面白いと思うな。…というわけで、のもとは分子論的に考えるとこれどうなるんかな…とか、本当は周りに大量の他の分子もいるはずだから、砂場の中の砂金を探し出すみたいな感じの確率的な化学反応の組み合わせで動いてるはずなんだよな…とか思いながら見てました。

ともあれ、これからもドームで立体視して楽しいいろんなコンテンツができるといいですね。
20081122synra
写真は超広角レンズ(35mm換算18mm)で撮影したドーム内景。
1秒,4秒,15秒,60秒露出の4枚のJPEGからHDRで合成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

天文ガイドにシンラドーム&ユニバース記事が…

天文ガイドにシンラドームユニバース記事が載っています。
なんかユニバース関係者集合写真も載ってたから思わず天ガを買ってしまいました。
半田さんの天文学コンサイスの記事ね。
それにしても天文ガイド買ったのってものすごくひさしぶりだ…。

そうそう。
この集合写真はのもとのカメラで撮ったやつなんだけど、オートで撮ったらシルバースクリーンにフラッシュが反射してほとんど失敗写真だったのをそういえば思い出した。露出時間もっと長くしとけとけば良かった…と後悔ながらなんとか後から見えるように補正したんだよなぁ。
みなさん暗いところで集合写真を撮るときにはくれぐれも露光時間には気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »