« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

かけんひ

スタートアップの内定の通知がきた。
こういうの通ったのはじめてなのでとってもうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

シンラドーム公開日

3日前のエントリにも書いたとおり、東京、科学技術館のシンラドームが本日オープンです。

新聞記事も出てます。
毎日:ドーム型シアター:科学技術館で20日オープン
http://mainichi.jp/select/science/news/20080820k0000m040080000c.html
アストロアーツ:迫力の立体映像で科学を楽しめる 「シンラドーム」オープン
http://www.astroarts.co.jp/news/2008/08/19synra/index-j.shtml
国立天文台:東京都心に、4次元デジタル宇宙シアターの姉妹ドーム「シンラドーム」誕生
http://news.local-group.jp/astro-topics/405.html
科学技術館:シンラドームについてのお知らせ(広報資料)
http://www.jsf.or.jp/info/2008/08/post_144.php

今日20日は15:30からライブショー、明日21日から31日までは毎日2回のライブショーとショート番組*1も上演されるようです。

080816synraimages

実はのもとは立体視の眼鏡で見える範囲が狭い*2ので少し見づらいと感じたりもしたのですが、それでもドームの立体視は一見の価値があります。

080816synragalaxy

ユニバース&シンラプロジェクトのライブショーと完成品の映像ソフトの一番の違いは、ライブショーであるユニバースは上演と開発が並行して行われているところであり、観客と研究者の距離が非常に近いところです。

もちろん、各回スタッフが提供できる最高の映像・解説を提供しようと努力しています。
しかし、案内役はプロのエンターテイナーではなく研究者ですし、アシスタントは学生がアルバイトでやっていますから毎回のライブショーはアートとして洗練され完成されたものではなく、少し野暮なところもあるかもしれません。

とはいえ、そこに映し出される映像の裏では、スーパーコンピュータでリアルタイムで計算されていたり、これまで誰も試したことがないも試みが繰り広げられていたりします*3。たとえばシンラドームのライブショーで使用するスーパーコンピュータMDMは関連の研究を行うライブショーアシスタントの博士学生自身がライブショーで上演できるようにプログラムを書き設定したものです。

ですから、そんなスタッフの開発模様も楽しめると思って心を広くして見守りつつライブショーを楽しんでいただければと思います。

写真は上:太陽系シミュレーションのスローシャッター写真,上:シンラドームに映し出される星座絵,下段:銀河衝突シミュレーションです。

  1. 4D2U、理研他の制作による15分程度のオート番組。9月以降はおそらくこれが毎日(土曜はライブショーもあります)上演されるはずですが、のもとはまだ見てないのでコメントできません。
  2. infitecの眼鏡はとどのつまり干渉フィルターで、非常に高価なので視野角の広い眼鏡を提供するのがちょっと大変なのです。
  3. 以前のユニバースではライブショー中にコンパイルされてたりしたこともまぁあったりしたわけですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

WWWサイトのリニューアル

科学技術館でシンラドームがオープンするのに伴い、シンラドームで行うライブショー、「ユニバース」のWWWサイトもリニューアル中です。

080819logow256rgb

実は以前のサイトも6年位前のもとが作ったものだったのですが、結局今回も上のロゴ共々のもと製です。
横幅は、前のサイトは640ピクセル基準でしたが今はみんなディスプレイ解像度上がっただろうということで800ピクセル基準です。html自体も前のサイトはw3m、lynxとかNetscape2.0みたいな古いブラウザでもそれなりに見栄えがしつつ、なおかつhtml-lintも通しつつ、新しいブラウザだとより綺麗に見えるサイトを目指したのですが、今回はそこまで考慮してません。まぁ一応w3mやlynxでも確認はしましたが、ユニバースの新ロゴが映えるサイトになるよう努力しました。

…というわけで、明日のシンラドーム公開と記念式典がうまくいくように、神戸からもお祈りしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

シンラドーム@科学技術館

お盆休みももうすぐ終わり。
この週末は科学技術館に新しくできるシンラドームのリハーサルを見に東京まで来ています。
20080816synradome いまどき、出来合いの映像の全天周映像やら立体視システムは全国津々浦々いろいろあるわけですが、これが組み合わされて、立体視全天周映像となると話が違います。

全天周映像を立体視で見られるところって日本どころか世界的に見てもほとんどないのです。

科学技術館に新しくできるこのドームシアター、12台のPCにつながれた12台のプロジェクタの全天周映像をリアルタイムに立体視できるだけでも大変なことなのに、さらにスーパーコンピュータを常設して天体や分子のシミュレーションを立体視で、しかもリアルタイムで見ることまでできるという、なんだか凄いことになってます。

20080816synraprepそんなシンラドームで公開される立体視ムービー番組と科学ライブショー「ユニバース」
来週8月20日の公開に向けて、ノンストップで準備中。

なんでも8月21日から8月一杯は毎日ライブショーらしいですよ。
ご近隣の方はぜひとも科学技術館で全天周立体視をお試しあれ。

え、のもとは何してるかって?
神戸にいるので大したことしてませんが、まぁライブショーのWebとかロゴとか…あとこんなふうに宣伝してみたりとか…。
そうそう。ライブショーのお手伝いやってみたいなんていうのも歓迎されるみたいですよ。学生主体でかなりボランティアベースですが興味があればどうぞ

写真はリハーサル中のドームに投影された天体シミュレータ(上段)と、立体視に使うメガネの受け渡しの準備風景(下段)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

スカイ・クロラ

叙事詩。
起承転結というほどの抑揚も特になく…。
そこにあるがままの情景を切り取って終わった感じ。

引き合いに出すとするならば「バグダッドカフェ」とか?
最初の退廃感がなんとなく。
ずいぶん前に見たからなんか全然違うような気もするけど。

ちなみにミント神戸のレイトショーだったんだけど客が20人いるかいないか。公開2日目なのに…。
三宮って繁華街の規模としては渋谷とか池袋より大きい気がするんだけどねえ。
殊映画に関しては関東・関西で客の入りに圧倒的な差があるような気がする。
関係ないけどミントでは既にSpeedRacerが消滅していた。のもとはヘンリージョーンズJrの映画よりずっとおもしろいと思ったんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

非日常的情景

のもとは結構お祭り花火好き。
浴衣で歩いている人がたくさんいるといいなーって思うし、お祭りに託けてとりあえず知ってる人に浴衣着せてみたいなと思ったりなんかもしないでもない。
で、何がいいんだろう…ってふと思い、出てきた結論。
非日常的感覚が良いのかもしれないな…と。
さらにもっと普遍的に考えてみたら、普段はなんの変哲もないところがお祭りの時にはショースペースになって、普通じゃない情景になってる。
それを楽しむのがお祭りなのかな…とふと思ったのだったり。
20080802kobefireworks
花火の写真でも撮ってみようかなと思って自転車に乗ってHAT神戸付近まで行ったつもりが終わったときにはいつのまにか第1突堤まで来てしまっていた帰りにふと思った雑感なのでした。
写真はHAT神戸付近から見た花火。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »