« 10年ぶりのWesternDigital | トップページ | ZD25mmF2.8と御影だんじり »

2008年4月25日 (金)

ベンチマークとGeForce6800UltraのQuadro化

先々週買ってこの週末無事インストールが終わった我が家の新PC。
インストールも終わったところでとりあえずベンチマークを取ってみました。
まずはそれぞれのPCの構成から。6年使った旧マシンの構成は

CPU: Intel Pentium4 (2.0AGHz)
Mother Board: Gigabyte GA-8IEXP
Memory: 512GB×2 (ほんとはさらに128MB挿してるけど認識せず)
Graphic: Quadro2Pro化GeForce2Ultra(抵抗移動でQuadro化)
System HDD: Seagate ST3320620AS×2 (RAID1, via 玄人志向SAPARAID-PCI)
Storage HDD: Seagate ST3320620AS, Seagate ST3500320AS

新PCの構成は

CPU: Intel Core2 Quad Q6600 (2.4GHz)
Mother Board: ASUS P5K-E
Memory: 2GB×2 (WindowsXPは3.25GB認識)
Graphic: SoftQuadro化GeForce 6800Ultra (たぶんAOpen Aeolus PCX6800Ultra)
System HDD: Western Digital WD3200AAKS-B3A
RAID1 HDD: Seagate ST3500320AS×2

あと、昨年春更新した仕事用マシンの構成は現状では

CPU: AMD Athlon64 X2 Dual 5000 (2.6GHz)
Mother Board: ASUS M2N-E
Memory: 1GB×2
Graphic: SoftQuadro化GeForce 6800Ultra (たぶんAOpen Aeolus PCX6800Ultra)
System HDD: Seagate ST3200822A 
RAID1 HDD: Seagate ST3200822A×2(しかしRAIDカード(Iwill SIDE RAID 100)のLBA制約により137GBまでしか認識しない。)

自宅用・仕事用の2つのGeForce 6800Ultraは、2枚とも先週じゃんぱらで5980円で買ったもの。以前買ったやつはQuadro化できなかったけど、今回は無事RivaTunerでSoftQuadro化できて、HippLinerの立体視表示モードも成功。

そんなわけで、旧自宅用、ただのGeForce 6800(PCIe, ASUS Extreme N6800/TD/256M, Quadro化できない)から新マシンまでいろいろベンチを並べてみました。

面白いと思ったのはViewperf6.1.2の場合Quadro2とQuadroFX4000のスコアがほとんど同じプログラムがあることと、Viewperf9だとQuadro化GeForce6800ULtraとnVidiaの公式ページにある現行最下位のQuadroFX 370のベンチがあまり変わらないこと。

GPUってちゃんと進歩してるんですね。

新自宅用 旧自宅用 仕事用 仕事用
(乗変前)
CPU Core2 Quad
Q6600, 2.4GHz
Pentium4
2.0AGHz
Athlon64 X2 5000+ Athlon64 X2 5000+
M/B P5K-E GA-8IEXP M2N-E M2N-E
Memory 4GB 1GB 2GB 2GB
HDD WD3200
AAKS-B3A
ST3320620AS ST3200822A
ST3200822A
Graphic Quadro化
GeForce 6800Ultra
Quadro化
GeForce2 Ultra
Quadro化GeForce 6800Ultra
(Quadro化前)
GeForce 6800
HDBench 3.40b6
ALL 156638 40205 85837 91471
Integer 690782 49476 243321 243430
Float 456474 76895 284979 284946
MemoryR 364594 96687 256818 258764
MemoryW 189644 34292 192459 194047
MemoryRW 371916 69992 325734 328088
DirectDraw 28 83 29 60
Rectangle 264400 56400 110800 87800
Text 53120 30154 10775 10400
Ellipse 2793 9692 2780 20240
BitBlt 1069 223 806 452
Read 103959 66797 38539 56480
Write 75294 41474 36402 59569
RRead 21481 23572 15790 16800
RWrite 41457 21000 23400 26848
使用HDD WD3200AAKS
-B3A
ST3320620AS
(via RAID)
ST3200822A ST3200822A
HD Tune
使用HDD WD3200
AAKS-B3A
ST3320620AS ST3200822A
ICH9R nForce 570 Ultra MCP
SATA Ultra ATA/100
+SATA変換
Ultra ATA/133
Maximum Transfer Rate 104.0MB/s 59.3MB/s 62.5MB/s
Access Time 16.4ms 13.3ms 15.8ms
Burst Rate 141.2MB/s 74.4MB/s 80.1MB/s
CPU Usage 1.2% 9.2% 2.7%
使用HDD ST3500320AS ST3320620AS ST3200822A
ICH9R 玄人志向SAPARAID-PCI Iwill SIDE RAID 100
SATA SATA Ultra ATA/100
Maximum Transfer Rate 108.4MB/s 76.8MB/s 28.5MB/s
Access Time 12.4ms 13.3ms 13.9ms
Burst Rate 108.3MB/s 94.6MB/s 28.6MB/s
CPU Usage 1.3% 9.9% 4.3%
SPEC Viewperf 6.1.2
AWadvs-04 85.07 85.09 60.03(59.98) 60.2
DRV-07 26.02 29.84 22.81(6.771) 8.096
DX-06 85.05 38.08 60(34.92) 33.43
Light-04 57.48 10.42 47.48(10.7) 16.3
MedMCAD
-01
85.02 35.4 59.99(32.11) 32.24
ProCDRS
-03
84.98 33.42 60.01(35.62) 30.5
SPEC Viewperf 9.0
3dsmax-04 26.59 22.61 6.575
catia-02 32.74 29.81 7.77
ensight-03 17.78 15.69 6.336
light-08 31.08 26.4 6.065
maya-02 56.74 50.02 18.55
proe-04 26.18 23.11 8.158
sw-01 34.5 27.87 9.177
tcvis-01 7.878 7.486 1.693
ugnx-01 11.18 10.21 1.437
nVidia公式サイト
3 GHz Dual Core Duo Xeon
Quadro FX 370 Quadro FX 570
3dsmax-04 25.61 30.02
catia-02 35.86 41.57
ensight-03 17.85 23.03
light-08 35.2 37.68
maya-02 52.19 73.01
proe-04 26.54 32.48
sw-01 34.36 44.84
tcvis-01 6.94 9.09
ugnx-01 6.93 8.91

08/05/11追記:ひょっとしてViewperfのスコアってフレームレートそのままなのでしょうか。
スコアが同じになるボトルネックって何だろう・・と考えていて後で気づいたのですが、自宅用マシンの85というスコアと仕事用マシンの60という値はディスプレイのリフレッシュレートそのまま。つまりAWadvs-04を動かすにはQuadro2もQuadro化GF6800Ultraもリフレッシュレートと同じフレーム数で描画可能。で、Quadro化GF6800Ultraはほかのスコアも85ってことはViewperf 6.1.2を動かす分にはQuadro化GF6800Ultraで十分速いということか・・・。

|

« 10年ぶりのWesternDigital | トップページ | ZD25mmF2.8と御影だんじり »

コメント

ドライバーで、GLの垂直同期をオフにすると、60フレーム以上で限界まで描画されますよ。
ちなみにFX3500で490 FX1500で300 FX560で270 です。
6.12 のprocdr03 です。

投稿: ころ | 2008年10月10日 (金) 00時10分

>ころさん
本当ですね。確かにドライバで垂直同期を「強制オフ」すると
AWadvs-04: 801.3
DRV-07: 32.82
DX-06: 237.4
Light-04: 56.28
MedMCAD-01: 373.7
ProCDRS-03: 369.2
になってスコアが大幅に変わりました。
ご指摘ありがとうございます。

それにしてもviewperfのスコアが描画回数として、ProCDRS-03を1画面描くには3ミリ秒かかっていないことになるんですね。
なんだかすこし不思議な気分です。

投稿: のもと | 2008年10月10日 (金) 04時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205617/40962853

この記事へのトラックバック一覧です: ベンチマークとGeForce6800UltraのQuadro化:

« 10年ぶりのWesternDigital | トップページ | ZD25mmF2.8と御影だんじり »