« ベクシル | トップページ | 新着ソフトレビュー@Vector »

2007年9月27日 (木)

HippLiner 2.7.1公開とアニメーション保存版β

先日公開したHippLiner 2.7.0に、開始直後に太陽系に戻る操作を行うとエラーが出て強制終了せざるを得なくなるという、結構重大なバグがあったので、バグを修正したバージョンを公開しました。
そのうちVectorも更新されると思いますが、とりあえずは以下のファイルでアップデートください。
Vectorからダウンロード (2007/09/22)

更新内容は

  • 起動直後に太陽に行こうとするとsqrt domain errorになるのを修正。
  • 星情報ウィンドウのサイズを可変に戻した。
  • 相対論モードでの移動にかかる時間を設定に近づくように修正。
  • 星情報ウィンドウのタブ選択順を綺麗にした。
  • Ctrl+Alt+C が星座線ファイルを開くように修復。

の5点。最初の問題が最大の改善点です。
Vector公開版もそのうち更新されるはずです。

20070926hippliner272b1

さらに、上のようなアニメーションを作成可能なバージョンも試験公開します。(上のアニメGIFは地球からプレアデス星団への相対論的飛行。)
なんのことはない、連番JPG,BMP画像を作成可能にしただけです。
連番画像作成上の制約としては、画面上のOpenGLレンダリング画像をそのまま保存するので、HippLinerの3D表示領域が全部表示されている状態でないときちんと保存できないようです。
これに伴って、描画領域のサイズ指定機能も追加しています。
のもとはVideo for Windowsがよくわかっていないので動画ファイル作成はまだできません。従って、連結・動画ファイル化は他のソフトで行ってください。
書き出しパネルの"フレームレート"は連結した動画を再生するときのフレームレートです。たとえば、飛行時間20秒で5フレーム毎秒の場合、飛行中の描画として約100枚の画像が書き出されることになります。
なお、速度、時間の表示機能もあると良いと思いますが、まだです。
こんなBeta版ですが、
HippLiner2.7.2b0 Betaのダウンロード (2007/09/25, 日本語版)
HippLiner2.7.2b0 Betaのダウンロード (2007/09/25, English Version)
からダウンロード可能です。

(追記)
HippLiner2.7.2できました (2008/02/05, 日本語版)

|

« ベクシル | トップページ | 新着ソフトレビュー@Vector »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HippLiner 2.7.1公開とアニメーション保存版β:

« ベクシル | トップページ | 新着ソフトレビュー@Vector »