« パソコンこわれた | トップページ | オリンパス E-410 »

2007年4月20日 (金)

ハードディスクもこわれた

前回のあらすじ:パソコンとの4年間の蜜月関係は、ある日を境に消え去った。

そんなわけで、マザーボードはもう駄目かな…ということで、4年ぶりにパソコンを更新することにしました。マザーボードを変えるならCPUもメモリも更新かな…というわけで、3点セットで更新確定です。

…というわけで、まずはCPU。Intel Core2 DuoかAMD Athlon64 X2か。
当初はCore2 Duoにしようと思っていたのですが、Athlon64 X2で作ったほうが安くなりそうだったので、AMDに決定。あとはマザーボードの構成で、PCIは3本、PCIExpressもなるだけたくさん、特にx4以上が1本以上あるといいな…と思っていたので、マザーボードも自ずとASUS M2N-Eに決定。(SLIのマザーって2本目のPCIEx16スロットの取り扱いがどうなってるのかいまいちわからんかったのでnForce570 Ultraのを探した。)

そんなわけで、水曜は梅田・日本橋でCPU,マザーボード,メモリ,グラフィックボードを買ってきました。やっぱり大阪ってAKIBA PC Hotlineの価格より高めですが、まぁそれなりに安いのを探してきました。

20070419newmachene

結果、買ってきたのは以下の4セット。

早速組み込んで、ATXの電源規格が変わっているのも気にせず、(今の規格では24pinになっているところに、一応互換性あるからと昔の20pinのをそのまま挿してある)起動。
・・・しかし当然HDDコントローラのドライバが違うからそのまま起動できるはずもなく、WindowsXPを修復インストールして再起動。新構成のドライバを適宜インストールして修復完了。あとは念のためATX20pin→24pin変換でも買ってきたら終わりかな。
めでたしめでたし。

・・・のはずだったのですが、翌日出勤してみたら、ハードディスクから異音がします。アクセスも不能。こんどはRAID1でミラー(並列化)してある60GB HDD(Maxtor DiamondMax Plus 9 6Y060L0)の1つが壊れてしまったようです。
このHDDには実験データから解析ファイルから一切合財入っているので、あわてて正常な方のHDDをとりあえずバックアップした後、自宅にあった同規格のHDD(6Y060L0)に換装してミラーを再構成して無事復旧しました。

このHDDは2003年製。4年物です。これまた30000時間程度で壊れたことになります(ちなみに換装した新HDDは2002年製)。
それにしてもパソコンって、壊れるときにはどんどん壊れるものですね。

・・・と、話はここで終わりません。
こうして無事新マシンを組んでから、A7V8Xに挿してあった512MBメモリを流用しようと思って自宅のGigabyte GA-8IEXPに挿してみました。ところが、メモリとして認識はするもののどうもリブートを繰り返します。そして何度目かに現れた文字は、"unknown hardware error"でした。

つまり結局のところ、全ての元凶はこのバルクDDR512MBメモリにあったようです。A7V8Xに罪を押し付けたのは時期尚早でした。

いずれにしろ、仕事用が新マシンに更新されたことには変わりありません。
新しいマシンが永く快適に使えますように。

|

« パソコンこわれた | トップページ | オリンパス E-410 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクもこわれた:

« パソコンこわれた | トップページ | オリンパス E-410 »